表具額装・ギャラリーの数寄和です。東京西荻窪、滋賀大津に店舗を構えております。
絵画用のパネルや紙、箱、額などを販売しております。
ホーム数寄和 概要

掛軸や額の表装に使われる織物を「裂(きれ)」といいます。

当社は裂の販売に端を発しており、 手織り金襴緞子(きんらんどんす)から交織(化繊や綿など)の織物まで、
伝統の良さをより多くの方に知っていただくべく、高品質のものを取り扱ってまいりました。

また、作品の保存のため、歳月を経ても痛まない本物の紙の取り扱いなど、
職人や工房と協力しながら伝統を守り伝えていく努力をしております。 

さらに日本の文化芸術の素晴らしさ、美しさをより多くの方に触れていただき、理解していただこうと、
これまでにさまざまな展覧会を催して参りました。
東京・西荻窪の本社に加え、滋賀県大津市にもギャラリー「数寄和 大津」を構え、
精力的に活動を展開しております。

表具の世界は職人のつながりで成り立っているため、外部からは中々見えにくい所が多く、
そのために後継者不足や需要の減少といった環境変化にさらされ、業界として衰退傾向にあります。
しかしその魅力を知ると非常に奥深く、洗練された伝統文化であることがご理解いただけるでしょう。

今日まで受け継がれてきた日本人の美しい感性を、現在の社会の中で次世代に少しでも伝えていけないだろうか―。
そう考え、数寄和は日々前進していきたいと思っております。



株式会社  数寄和
代表取締役 岸田憲和
 

 

 


 
 
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス